アクアプロは逆浸透膜RO浄水器、フィルター、交換部品を格安で販売しております。

水道水の危険性

  • HOME »
  • 水道水の危険性

 かつて日本では「水と空気はただ」という考えがあった程きれいでおいしい水と空気がごく普通にありました。しかし、私たちの生活環境が変化するにしたがって現在はいたるところで水道水の汚染が問題になっています。
生活排水、工場排水、農薬や化学肥料等が河川、地下水に流れ込み汚染されます。その汚染された原水を殺菌力が強くコストの安い塩素を大量に使って浄水場で処理します。いわゆる残留塩素として水道水中に残ります。塩素は有機物と反応しやすいため、新たな物質を発生させます。
また、浄水場から家庭の蛇口までの過程で古い水道管からの汚染や集合住宅の貯水タンクからの汚染も避けられません。
最近では予期せぬ原子力発電所の事故により放射性物質の飛散から水道水へ混入した事件は、多いな危機を発生させました。
つまり、私たちの使用している水道水の有害物質は完全に除去されていないのです。
水道水に求められるのはまず「安全な水」ということです。そして、いまや安全性だけではなく、「おいしい水」であることも求められます。原水の汚れがひどい、水道水が「まずい」地域はもちろん、目に見えない化学物質から身を守るためには浄水器設置などの自衛策をとる必要があります。人間にとって毎日の生活にかかせない水は体のおよそ70%を占めています。本当の健康を求めるには、体に良質の安全な水が必要なのです。

以下に様々なルートからもたらす有害物質と体に及ぼす影響を記しました。

塩素による有害物質

先に述べたように汚染された川や沼の水を取り込み浄水場で大量の塩素殺菌していますので塩素による副作用で新たな有害物質を生む原因にもなっています。この塩素が水道水中の物質と化学変化を生じ、トリハロメタン等の数十種類の発がん物質等、人体に有害な物質を生じさせます。最近ではこれらの物質が複合的に影響しあう「複合汚染」も懸念されつつあります。
また、塩素は残留塩素として残るので身体への影響以外にも肌荒れを引き起こします。プールから上がった後髪がきしむのも塩素からの影響です。敏感肌やアトピー体質の方などカサカサしたりヒリヒリすることもあります。
この他にも野菜を洗う際に水道水を使用すると塩素が食品の細胞に入り込んでビタミンをを破壊すると言われています。

水道管から発生する有害物質

浄水場から蛇口までの過程で汚染されたもの 鉄、銅、赤錆、鉛、ダイオキシンなど体にとって有害な物質も含まれています。特に鉛は水道管に多く使われていました。(現在は鉛が溶け出すなどの危険性から使用禁止になっています。)今でも老朽化した水道管使用されている場所は少なくありません。この鉛が水道水に溶け込み、気づかない間に鉛を摂取してしまい、健康被害が拡大していることも大きな社会問題になっています。鉛は貧血、消化管の障害、神経系の障害、肝臓障害などへの影響があると言われています。 また、集合住宅などの貯水タンクの管理が不十分な場合、ニゴリや鉄サビなどの汚れが混入する可能性もあります。

家畜の糞尿、農薬等に含まれる有害物質、工場の廃水からでる有害物質

最近では、農薬、除草剤、肥料、家畜の糞尿井戸水や水道水中に混入してきていることが明らかになっています。下水処理場やし尿処理場の廃水やゴルフ場の乱開発、尿行における収穫量増産のための農薬や肥料の撒きすぎにより井戸水や地下水が汚染されてきています。特に亜硝酸性窒素、硝酸性窒素の濃度が水道水基準を超える地域が続発しています。硝酸性窒素を含んだ水を赤ちゃんや胃液の分泌が少ない人が飲むと、貧血症などの健康障害が生じます。欧米を中心に死亡例も数多く報告されています。また、胃のなかで発がん性物質を生じやすくなります。

放射能物質(ヨウ素、セシウム)

福島の原子力発電所事故後、水道水に放射能が検出され、増々水の安全性が問われる時代になってきました。体内に取り込まれた放射能を出す物質、放射線ヨウ素は主に甲状腺に集まり、セシウム等は筋肉や骨に集結します。これらは年齢が低いほど発ガンする確率が上がります。このような放射性物質等は逆浸透膜浄水器でほぼ安全なレベルまで除去します。

その他の有害物質

アスベスト、クリプトスポリジウム、緑膿菌、アルミニウム、環境ホルモン、テトラクロロエチレン、トリクロロエチレン、病原性微生物、大腸菌O-157・・・・・

井戸水の危険性

美味しい水と言われてきた井戸水も農薬の過剰施肥による土壌汚染で硝酸性窒素、亜硝酸性窒素が水道の許容基準値を遙かに超えて検出されている地域があります。茨城県で起きた井戸水のヒ素汚染は、その水を飲んだ子供が知らずの内にヒ素中毒となり、不幸な結果をまねきました。
一般的な浄水器ではヒ素を安全レベルに除去する性能がありません。逆浸透膜浄水器は井戸水の汚染が心配されている地域などで唯一、行政が認める浄水システムです。

お子様を持つお母さんへ

お子様にとって良質なお水を摂取し続ける事はとても大切です。特に妊娠中のお母さんの胎児の体内汚染が深刻になっています。体内の汚れは羊水の汚れとなり、汚れた羊水で育ってしまうと赤ちゃんの健康にまでも直結してしまうのです。
授乳期の赤ちゃんにしても同じことが言えます。
そして、成長期の子供は成人に比べ有害物質の吸収率が高く、先の鉛について言えば6歳未満の子供では成人の4~5倍の吸収率というデータがあります。
健康な成人でもこのような汚染された水を長年飲料し続ける事は少なからず人体に影響するでしょう。

お気軽にお問い合わせください TEL 042-697-9509 受付時間 10:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

HPにない商品の取扱も多数ご用意させていただいております。
お探しの商品をお気軽にお問い合わせください。

メンテナンスご相談ください。

他社製品でもご対応いたします。

生産物賠償責任(PL)保険加入済み

各種クレジットカード対応

ペイパル|Mastercard,VISA,American Express,JCB
PAGETOP
Copyright © 株式会社 アクアプロ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.